登記している本店ではない場所で宅建業はできますか?

登記している本店ではない場所で宅建業はできますか?

登記している本店所在地以外の場所で宅建業を始めたいのですが可能でしょうか?

宅建業では事務所は重要な意味を持つ場所になります。事務所ごとに専任の宅建取引士の設置が義務付けられていたり、営業保証金を供託しなければならないなどの規定があるからです。そのため、事務所についての扱いが厳格です。

宅建業法では登記している本店には、経営の中枢的な機能があるという考え方をしており、対面的な営業などを行わないとしても、本店は宅建業を営んでいると判断します。そのため、宅建業免許を受けるのであれば、必ず登記している本店も事務所としなければなりません。「登記している本店では宅建業を営業しない」というのは通用しないのです

登記している本店で営業せず、他の営業所を事務所とする場合は、本店と支店という形で免許を受けなければなりません。それぞれに専任の宅建取引士が必要になりますし、営業所賞金の供託も必要です。また、複数の都道府県にまたがってしまっている場合は、大臣免許が必要になってしまいます。

このように、登記している本店以外で宅建業を始めようとすると、手続きが煩雑になってきてしまいますし、専任の宅建取引主任士や供託という面で人や金銭も余計に必要です。本店の所在地を移すか、移すことができない理由があるようであれば、別法人を設立して宅建業免許を取得する方がいいかもしれません。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:木下謙一・石橋俊之
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 土日・祝日休み)

タグ

関連記事