宅建業で変更届の必要な場合

宅建業で変更届の必要な場合

宅建業者は以下に掲げるような事項に変更があった場合は、30日以内に、大臣免許の宅建業者は国土交通大臣に、都道府県知事免許の宅建業者は各都道府県知事に届け出をしなければなりません。
届出事項
商号
主たる事務所(本店)
代表者
役員
政令で定める使用人
専任の宅建取引士
従たる事務所(支店)

宅建業免許の変更届についても、新規の申請や更新申請と同様に正本1部と副本1部を作成し、ひもとじで提出します。副本についても他の申請同様、写真以外はコピーでかまいません。 専任の宅建取引主任士を変更する場合は、「取引主任士資格登録簿変更登録申請書」により、あらかじめ手続きをしておかなければなりません。例えば、専任の宅建取引士の勤務地が変更になった場合は、会社での変更届より先にあらかじめ「取引主任士資格登録簿変更登録申請書」を提出しておかなければならないということです。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:木下謙一・石橋俊之
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 土日・祝日休み)

関連記事