専任の宅建業取引主任士の届出

専任の宅建業取引主任士の届出

宅建業免許を受けた後、専任の宅建取引士は「勤務先(業者名)」や「免許証番号」を資格登録をしている都道府県に届け出なければなりません。

新規に宅建業免許を受ける場合、その会社の専任の宅建取引士に就任なさる方は勤務先が空欄になっているはずです。新たに免許を受けた会社に所属していることを届出なければならないのです。

これは、宅建業の免許を受けたからといって、自動的に変更されることはありません。宅建取引主任士は必ず自分で(行政書士でも可能です)変更の届出を出さなければならないのです。

新たに免許を受けた会社で専任の宅建取引士になっている場合は、「宅地建物取引主任士資格登録簿変更登録申請書(様式第7号)」を提出して届け出ます。その際に必要な書類は以下の通りです。

  • 宅地建物取引主任士証
  • 入社証明書
  • 本人の印鑑

入社証明書は任意の様式になります。宅建業免許を受けた会社の印鑑が必要です。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:木下謙一・石橋俊之
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 土日・祝日休み)

関連記事