宅建業保証協会への加入

宅建業保証協会への加入

宅建業の新規の免許を取得し、営業を開始するには、本店は1,000万円、支店ごとに500万円の営業保証金の供託をしなければなりません。

供託は大きな負担になってしまうため、社団法人の保証協会が設立されています。この保証協会に加入することで供託金が免除されるのです。ただし、代わりに弁済業務保証金分担金、入会金などを支払らう必要があります。

保証協会への加入は供託金の免除だけではなく、様々な研修や苦情の処理、レインズが使用できるなどメリットも豊富なので、宅建業を始めるほとんどの方が、供託ではなく保証協会に加入しています。

弁済業務保証金供託金の納付額

  • 主たる事務所(本店)・・・・・・60万円
  • 従たる事務所(支店ごと)・・・30万円
  • ※保証協会への加入は、これ以外にも加入金などがかかります。最初に協会に支払う金額は160万円~170万円程度(東京都の場合)になります。

現在、東京都の宅建業保証協会は下の2つが指定されています。この2つのうち、どちらか一方に加入するのが一般的です。

(社)全国宅地建物取引業保証協会
東京本部
(社)不動産保証協会
東京都本部
千代田区富士見町2-2-4
東京不動産会館(03-3264-5831)
千代田区平河町1-8-13
全日東京会館(03-3261-1010)

この2つの協会は関連団体なども多く、みなさん混乱されるようです。左側の(社)全国宅地建物取引業保証協会がハトのマーク右側の(社)不動産保証協会がウサギのマークです。

この2つの協会は、全く別の団体ですので、加入金や年会費、提出書類、審査方法などに違いがあります。また、支部ごと(東京都では区ごとに支部が分かれています)の加入金も異なります。

東京都では両団体が最近値下げをしたため、宅建業を始めやすくなっています。さらに政治連盟に加入しないことで費用を抑える方法もありますので、ぜひご相談ください。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:木下謙一・石橋俊之
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 土日・祝日休み)

関連記事