宅建業免許の申請と審査

宅建業免許の申請と審査

宅建業免許の申請書類の作成が終われば、いよいよ申請です。東京都知事免許の申請先は、東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課免許係になります。東京都庁第2庁舎3階の3番窓口になります。

宅建業免許の申請時には手数料として33,000円がかかりますので、現金を用意して行きましょう。(納付は「手数料収納機」でシールを購入します)

申請は、申請者が宅建業者としての要件を備えているか、欠格事由に該当していないか、添付書類に間違いはないか、営業所の要件を満たしているかなど、細かくなされます。審査上補正の場所が見つかると、補正が終了するまでは免許になりませんので、注意が必要です。審査期間は30日から40日くらいで、免許が下りると申請者の事務所宛に郵便ハガキで通知が届きます。

ハガキには免許番号が記載されていますが、ハガキの受領時点では営業はできません。ハガキ受領後、供託をするか、保証協会へ加入するかして、免許証を受領して、はじめて営業開始になります。

供託をする場合は都庁で、協会加入の場合は協会より免許証を受領することになります。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:木下謙一・石橋俊之
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 土日・祝日休み)

関連記事