宅建業免許の申請

宅建業免許申請の流れ

東京都での新規知事免許の申請の流れ 東京で新規知事免許の申請をする場合のフローです。保証協会への加入まで含めた流れになっています。開業までの期間を短縮するには、いかに早く受理まで持っていくかという点と、協会への加入申請を同時に準備していくという点がポイントになってきます。 免許番号が確定するのはハガキの通知です。ただし、営業が可能になるのは免許証を受理してからのことになります。 宅建業の開業までの……

宅建業免許申請に必要な書類と作成

宅建業免許申請に必要な書類 東京都知事免許の必要書類は以下の表の通りです。水色の色が付いた書類は法定の様式になります。法定様式の書類には、そのまま必要事項を書き込みます。 水色の書類は添付書類になりますので、役所などで発行してもらいます。尚、役所等で発行してもらう書類は、発行から3ヶ月以内のものでなければなりませんので、注意してください。 法人の必要書類 順序 ……

宅建業免許の申請と審査

宅建業免許の申請書類の作成が終われば、いよいよ申請です。東京都知事免許の申請先は、東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課免許係になります。東京都庁第2庁舎3階の3番窓口になります。 宅建業免許の申請時には手数料として33,000円がかかりますので、現金を用意して行きましょう。(納付は「手数料収納機」でシールを購入します) 申請は、申請者が宅建業者としての要件を備えているか、欠格事由に該当していな……

宅建業保証協会への加入

宅建業の新規の免許を取得し、営業を開始するには、本店は1,000万円、支店ごとに500万円の営業保証金の供託をしなければなりません。 供託は大きな負担になってしまうため、社団法人の保証協会が設立されています。この保証協会に加入することで供託金が免除されるのです。ただし、代わりに弁済業務保証金分担金、入会金などを支払らう必要があります。 保証協会への加入は供託金の免除だけではなく、様々な研修や苦情の……