宅建業免許の概要

宅建業免許が必要な方

宅建業(いわゆる不動産業)を営む場合、宅建業の免許を取得しなければなりません。しかし、ひと口に宅建業といっても、不動産に関する全ての業種に宅建業の免許が必要なわけではありません。そこで、ここでは宅建業の免許が必要な方はどういった方なのかということをお話いたします。 宅建業法において宅建業者は以下のように定義しています。 宅地又は建物について自ら売買又は交換することを業として行う 宅地又は建物につい……

宅建業における大臣免許と知事免許

宅建業を営む方は、宅建業免許が必要になります。この宅建業免許は営業する地域によって区分があります。国土交通大臣の免許と都道府県知事の免許の2種類があるのです。 国土交通大臣の宅建業免許が必要な場合 国土交通大臣の宅建業免許が必要な場合は、2つ以上の都道府県に事務所を設置して、宅建業を営む場合です。例えば、本店を東京に置き、支店を大阪に置くといったような場合です。 ただし、複数の営業所を設けていても……

宅建業免許の有効期間

宅建業の免許の有効期間は5年間とされており、以後も免許を継続するのであれば、更新申請が必要になります。更新を怠ってしまうと、自動的に免許は失効してしまい、営業を続けると、当然無免許営業になってしまします。罰則も科せられますので、更新を忘れることが無いようにしたいところです。 宅建業免許の更新の手続きは免許の有効期間が満了する日の90日前から30日前までの間にしなければなりません。 例えば、平成18……